ブラジルで感動したおふくろの味

私がブラジルに行ったとき、まずはサンパウロに入り、真っ先にイグアスの滝へ向かいました。滝の好きな私にとってハイライトだったと思います。

時期的にも雨季が終わって水は透明ではありませんでしたがその分水量も豊富で赤茶色の水が迫力あり滝を作ってましたね。

サンパウロは街の見どころは少ないのですが1つ良かったのは日本食の上手さでした。当時はリベルダージの日本人街は日系2世、3世が多くて日本語を普通に話す人が多く日本食のご飯が美味しい!おふくろの味的な煮物などが特に美味しかったです。

現在は日本人街も中国人や韓国人の移民が多くなってきて随分と変わってしまったようで残念な限りです。

そして、バスでリオデジャネイロへ移動。所要時間は約6時間ほどだったと思います、しかし驚いたのはバスターミナルの巨大さでした。

大きさもですがプラットホームの数などは流石南米の中心都市で国内はもとより周辺諸国からも国際バスが発着するので納得でした。リオは景観が綺麗です。

海岸線が何とも景観を作り出していて夜景には感激、コパカバーナ、イパネマ、レブロン等のビーチの雰囲気もよく素敵な街だと思います。ただ治安が問題ですが。

そして当時らしいのはインフレが凄くて毎日物の値段が変わっていたことを覚えています。ですから、両替は小出しにしてその日使う分だけ両替しないと損をする時代でした。懐かしい思い出です。

その後に何度か南米の方へ出かけてトラブルに見舞われましたが、この旅行に関しては幸い大した問題も起こらず終えることができ運が良かったと思います。
時間と体力がある学生だったからこそ行けた旅行だったと思います。

背中の毛をメンズ脱毛サロンで脱毛しました

眉毛や腋毛はかなり薄いのに、もみあげの所と、背中、鼻毛が以上に毛深いのです。ちなみに顔も薄いので、あまりの毛の濃ゆさに友達から引かれるくらいです。背中は、サル?と言われるくらい、長めで濃く水に入ると小さな海藻くらいになります。

それに気づいたのは、小学生の頃でした。プーるの授業の時に、後ろに座っていた子にその毛をつままれた時はじめて気づきました。あまりの長さにその子も思わず触ってしまったと、その後は、みんなに触られまくりで大変に恥ずかしい思いをしました。

もみあげの所も、自分では特に気にしたことがなかったんですが、普通よりお肌の色が白いせいか、産毛が目立ちすぎるのか、友人からの指摘で気づきました。もみあげから、首の後ろまでうぶげがつながって、まるでルパンのようになっているよと指摘されたのです。

自分で確認してみると、本当にルパンのような、もしくは、薄めの山田孝之ぐらいの勢いでありました。その日から、私のあだ名は「ルパン孝之」「ルパコ」など、何ともかわいくないあだ名がつけられたのでした。

もみあげの毛は、どうにか自分で処理することができたのですが、あだ名は変わらずそのままで大変恥ずかしい青春時代を過ごすことになるのでした。

背中の毛は、その当時はどうすることもできず、自分で頑張って処理を試みるのですが、大変に難しく、泣く泣く姉にお金を払い処理をしてもらっていました。

大人になってからは、脱毛処理をしてもらったのですが、そこのお姉さんにも、「なかなかやりがいがあるので、楽しみです!!」と意味もなく、気合十分な宣言をされたのでとても恥ずかしい感じでした。

気合十分にやってくれたおかげで、今ではきれいな背中を手に入れることができ、満足はしています。ちなみに僕は札幌市の湘南美容クリニックでヒゲ脱毛をしました。

しかし、背中の毛を知っている友人たちは、悲しんでおりました。鼻毛に関しましては、顔に似合わず、太くて濃ゆいオヤジのような鼻毛をしておりますので、毎日のケアが欠かせません。私は、毛抜きで夜な夜な抜いています。