銀行カードローンの返済方法

少額からの借り入れも容易であり、いざと言うときに役立つことはもちろん、審査が比較的穏やかであり、利用しやすいことでも申し込みが急増している銀行カードローンですが、その返済方法も便利であることから、何かと重宝する場面が多いものです。

返済金額も高額なものではなく、無理のない計画を立てやすいことから、万が一に備え、一つは口座を持っておいて困ることはないでしょう。

使用しない場合は口座維持手数料や金利などは一切かかりません。また、金利においては借り入れた金額にのみかかるようになっており、100万円の上限枠であっても、10万円しか利用していないと言う場合であれば、その10万円に対しての金利を乗せて返済と言う形になります。

カードローンの返済方法は、基本的には借り入れと同様に銀行ATM、もしくはコンビニエンスストアに備え付けられているATMなどから返済することが出来ます。

返済期日までに各金融機関の指定している返済額を口座に入れるだけで完了となり、面倒な手続きなどはありません。

指定返済額(約定返済額と呼びます)は金融機関によって違いますが、少額借り入れなどの場合であれば、クレジットカードや消費者金融の最少返済額よりも安価に収まる場合がほとんどであり、計画的に利用すれば返済に困ると言うことはほとんどないでしょう。

また、約定返済額はあくまで返済額の下限であり、余裕がある場合は繰り上げ返済のような形で多めに返済することで有利になると言う場合もあります。銀行によって違いがあるため、各カードローンを取り扱う銀行の返済方法についてはしっかりと確認しておくようにしましょう。

そういや、先日携帯料金を払えてなくて携帯が止まったので、急いで銀行カードローンを利用して支払いましたよ。出来事→携帯止まる

【銀行カードローンの審査の基準】

銀行カードローンは各銀行で取り扱われている金融商品の一つであり、比較的容易に審査の通りやすいローンの一つではありますが、やはり審査は審査であり、収入状況や他社からのローン状況などから融資が受けられないと言う場合もあります。

もしくは希望している融資枠にまで至らないと言う場合もあり、やはり審査を受ける際は出来る限り審査に通りやすい状態にしておくことが望ましいと言えるでしょう。
とは言え、これまで消費者金融などのローンを利用したことがない、もしくは利用しているものの、正常に返済しており、収入状況からも返済余力があると言った場合においては審査に落ちると言うことは少なくなっています。

特にパートやアルバイトであっても、就労実績があれば問題なく審査に通ることも多いため、やはり審査の敷居としては低い部類に入るでしょう。

中には専業主婦であっても、他社ローンなどが一切ないと言う場合は低額ではあるものの融資を受けられると言う銀行もあります。

基本的に100万円以下の場合であれば、ローン審査のために必要となる所得証明や確定申告書類のコピーなどのような収入実績に関わる書類を提出する必要はなく、就労実績さえあれば審査が通りやすいため、基本的には万が一のための口座であると言ったような使い方であれば問題はありません。

ただし、100万円以上の融資が必要となる場合は収入実績に関わる書類が必要となり、審査も難しくなるため注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です